-2004年11月7日のひとり言- ○ ページを閉じる ○

 とりあえず、サイトをアップしてみたのです。
今まではお仕事のページとプライベートのページをTOPページで分けて、一サイトとして作っていたのを、まったく分けて作ったのです。訳あって二つにしたんですけどね。で、よくよく考えたら、コラムなんてカテゴリーも作ってしまってて、こりゃまた更新が大変やないかーと、今これを書きながら考えている次第です。まあ、そんな事はさて置き。
 この間のお休みの前の日に、久しぶりに深夜にBarで飲んでいた。そのBarはオイラの大好きなビーフジャーキーが置いてある。ビーフジャーキーと言ってもそのへんにある物とは違う訳ですよ。これが肉々しいと言うか、何だかライオンにでもなった様な感じで、美味しくいただける訳です。厚みと言うか、肉を食べてる!!って思える感じ。で、そのジャーキーを食べながら、ウォッカを2杯飲み、いつものように、ラムを注文した時に、友達が入ってきた。でその友達がジャーキーを頼んだ。おいらのジャーキーがほとんど無かったんですね。でそのジャーキーを貰いながら、ラムの2杯目を頼んだ頃にまた、別の友達が入ってきて、またジャーキーを頼んだ訳です。で、オイラがジャーキー好きな事を知っている友達は、それをオイラの前に置く。嬉しくて食べる。であまりにも皆に悪いから、ジャーキーとミックスナッツを頼んで、友達達の前に置いてやる。でも、いつまにか、ジャーキーだけがオイラの前に・・・。で結局店のジャーキーをほとんど食べて、帰りは胸焼けとアルコールとで当然、そのジャーキーを逆流させてしまった。めったにそんな事をしないオイラにとっては、ショックやら、もったいないやら、口元グチャグチャやらで、悲しくなって、家に帰っても、またコンビニで買ったジャーキーに手が伸びてしまった・・・。日本人はやはり肉はほどほどがいいみたい。
 初回だからちょっと長くなってしまった。


-2004年11月18日のひとり言-

 最近の韓流ブームは何だか異常だなぁ。
昔から韓国映画とか好きで、よく観ていたので、どうも最近のブームに着いていけない訳です。
 身近な友達の奥さんの様子を見てみて、何だかすごい事になってるんだと、あらためて思った訳です。奥さんの前で「ヨン様」の事を「ペー様」って言ったら、怒られちゃったもん。で、「観なさい!」と「冬ソナ」を全巻渡されそうになり、断るのに、四苦八苦。オイラはいつまでも「ハン・ソッキュ」のファンなんだと言おうとしたけど、もう彼女の瞳の中は「ヨン様」「ウォン様」・・・、と星が輝いてる。彼女に旦那と「ヨン様」とどっちが好きって聞いたら、確実に答えは・・・。愚問だなぁ。
 でも、 何だか久しぶりに「八月のクリスマス」とか「接続」なんかを借りてきて、やっぱり面白いなぁ〜、なんて思っている訳です。最近の韓国映画もやっぱり面白い、映画はね・・・。
  でも、何だかへんにTVドラマにも興味が出てきた自分が怖いから、最後の抵抗とばかりに、海外TVドラマはTVドラマでもずっとハマっていた「ERシリーズ」をまた最初から借りてみたりする訳です。
で次は「アリーMy Love」を最初から観ようか迷ってるところ・・・。
 あれ、オイラ結構海外のTVドラマ好きじゃない。
このままいけば、ブームが去った頃に「冬ソナ」を見てそうだ。で、誰も話さなくなったのに、自分だけ盛り上がって寂しい思いをするんだろうか・・・。


-2004年12月16日のひとり言-
 いやはや、忙しい師走がまた訪れました。この歳になると、ホント一年があッ!と言うまです。色々な事がすさまじく訪れた一年でした。良い事も悪い事もね。来年こそはよい年にしたいもんですね。
とこの間の忘年会で友人と話しながら、そう言えば毎年この時期に同じ事を話しているようです・・・。しかも、最近は座ってばかりで、運動もしてなくて、太ってしまうし・・・。このままでは、二枚目の役は出来なくなりそうだ〜。って二枚目の役なんてあまりやった事ないんだけど・・・。
 二枚目で思い出したのだが、この間、頼まれて、短編のコントのような台本を書いていた訳です。まあ、原稿用紙にして10枚程度のものだったので、すぐに書けるかなって思って始めた訳です。しかしながら、2枚目以降がどうしても進まない。て事は何も書けてないんですね。パソコンの前でモニターとにらめっこが続く、気づいたら、仕事のデザインを弄りだす始末。デザインは出来上がったけど、頼まれた台本が全然出来てない。でも今日くらいしかやる時間もないし、そう思って、またワープロソフトを立ち上げた。そしたら、何とオイラのパソコンが動かなくなり、画面も真っ黒!!これにはホントに困った。普通の人よりは当然パソコンの知識もあるけど、立ち上がらないパソコンには手も足も出ない訳で、結局SEの友人に来てもらった。そしたら、あっという間に、もとの状態にもどりやがった。しかもほんの1分ほどで、その友人にお礼代わりに料理を作って、お酒を振舞い、オイラも酔ってしまい、結局その日は何も書けず終わってしまった。
 まあ、次の日に書き終えたんだけど、結局内容は自分の実話になってしまった。それも昨日の出来事。それほど、慌てて、困って、友人に笑われた一日だった訳です。パソコンが直った理由は・・・・。知り合いの劇団のショートコントを見れば全てが分かるはず。
 ほんとに慌しい師走だこと・・・。
page up
○ 戻る ○ ○ ページを閉じる ○