「男達の挽歌」

 やっぱり、好きです。たまりません。香港映画大好き男として、これは何本かの指に入る1本です。
 最近、久しぶりに借りました。レスリー・チャンの追悼の意味も込めて、酒を飲みながら観ました。実に面白いし、荒削りな感じの中、しっかりと作っているなぁと感じる、かっこいい映画な訳です。男臭さを感じたい時には、バツグンの1本でしょうか。
 しかも、監督自ら出演なんかしちゃってるんですよ。ジョン・ウー作品は本人が出てるのが何本かあるので、それはそれで楽しいです。(香港映画ですけどね)
 ティー・ロンこの人がまたかっこいい。チョウ・ユンファは当然かっこいいんだけど、この映画の主役はやはりティー・ロンでしょう。
 それにしても、ジョン・ウー監督は男をかっこよく撮るなぁと思うんです、はい。
 こんな作品に出てみたいなぁと思いますねぇ。




ページを閉じる
Copyright (C) Kenji Yamauchi [CREATE.] All Rights Reserved.